会社情報
会社概要
会社沿革
社員募集
案内フルヤン

会社案内

企業理念:おいしさとふれあいを通じ健康ライフの明日を創造する。

フルヤ乳業は昭和20年、千葉県山武郡成東町にて創業以来、70年に渡って、安全で美味しい牛乳にこだわり続けて参りました。
その培ってきたノウハウと未来を見据えた研究開発にたゆまぬ努力を続け、お客様一人一人に健康な毎日をお届けする「食の基幹産業」として、これからも発展を続けて参ります。


国内有数の酪農の中心地に、フルライン多品種少量生産体制を確立

成田工場食品の製造・加工現場での国際的な品質管理プログラムであるHACCPの認定工場で、徹底的な衛生管理のもとで製造されています。 消費者ニーズの多様化、個性化に対応し、生産ラインの拡充もつねに積極的に推進されています。1991年には、それまでの生産工場を成田に集約し、原料の受入から品質検査まで、多様な製品に対応してフルライン体制を確立。工場周辺は、わが国有数の酪農地帯でもあり、新鮮な原乳を確保する上で非常に有利な立地条件となっています。


成田工場では、この新鮮な原乳をもとに、最新鋭の設備を導入し、ラインの増設、生産能力の増強を推進。また合わせて工場見学者のためのコースも設置するなど、地元の方々から愛される地場企業としてのきめ細かい配慮を行っています。 近年牛乳に対する消費者のニーズは、自然指向、風味、低脂肪、安全性など、多様化の傾向をますます強めています。成田工場では、主体である紙パック製品に加え、最近注目度が急上昇している壜製品、さらにヨーグルト、プリン、ゼリーを中心とするデザート製品、オレンジ、アップルなどの果汁製品、さまざまな製品別の製造ラインを設備。同時に、多様な処理技術・加工技術を確立し、多品種少量 製品のための製造体制を整備しています。 また製品の性格上、当社独自の厳格な基準を設定し、安全面 では慎重かつ厳しい品質検査を実施しています。今後とも、ラインの増設、製造能力の拡充は積極的に推進する計画であり、地元に愛され、地元の発展とともに成長を願いながら未来を開拓する古谷乳業の基盤として、成田工場の担う役割はますます大きくなろうとしています。